この街の創り手はあなたかも。

TAG LIST

ローカルミーハー

長居したくなる心地よさ!「カフェ カトルセゾン」で人気のタルトをいただきました

一人でも入りやすくて、ゆっくりくつろげるカフェを常に探しています。本日は、ふと思い立って訪問した「カフェカトルセゾン」をご紹介します。

お食事しながら同行の方とおしゃべりしたり、お茶を飲みながら静かに本を読んだりと、思い思いに過ごすお客様の姿が印象的でした。

おいしいタルトと居心地の良さを提供する「カフェカトルセゾン」で、ゆっくりくつろぎのひと時を過ごしてみませんか。

カフェ カトルセゾン

カトルセゾンの外観

「カフェ カトルセゾン」(以下、カトルセゾンと略します)は、マックスバリュ本荘中央店や本荘第一病院の近くにあります。

お店は道路には面していないので、初めてだとちょっとわかりにくいかもしれません。

カトルセゾンの看板

車で行かれた場合は、お店の前に横付けするような形で駐車します。区画が決められているわけではないので、駐車場所が不安な時は到着時にお店の方に確認しましょう。

カトルセゾンの入口

お店の入口には、ランチメニューや単品料理、デザートなどが書かれたボードがあります。

“OPEN”の3色のプレートが示すように、「カトルセゾン」はフランスをイメージしたカフェです。

かわいらしい店内

店内の様子

店内はふんわり柔らかな雰囲気。ピンクのソファーや椅子、花柄の壁紙や鏡に家具、ひとつひとつがとってもキュート。

座席は、4人がけと2人がけのテーブル席の2種類があります。

窓側の席

もしかすると、このかわいらしい感じに躊躇(ちゅうちょ)する方がいるかもしれませんが、取材時には男性も女性も年齢層も様々なお客様がいらっしゃっていました。なので、気にしないで入店しましょう。そして、お一人でも大丈夫です!

人気のタルト

タルト3種類

私が訪問したのは15時過ぎ。

ランチの時間帯を区切っているわけではないので、ラストオーダーの時間の17:30までお食事可能なのですが、この日この時間にはお食事メニューは完売となっていました。

あまなつのタルト

この日はお茶の時間にしようと思っていたので、ケーキを選びます。「カトルセゾン」の自慢は旬のフルーツを使ったタルト

7~8種類のタルトやケーキが毎日並ぶそう。既に完売となっていたものもありました。

グレープフルーツとデコポンのタルト

私のように「15時のおやつ!」と来店される方もいらっしゃいますが、多くのお客様がランチの後にこのタルトやケーキを注文されるとのこと。

なので、人気の品は午後には完売していることがよくあるそうです。

くつろぎのカフェタイム

タルトと紅茶

例のごとく、どれにしようか迷いまくった私。キラキラしたタルトが誘ってくるんで困っちゃいました。

今回は初来店ということで、通年販売されている「タルトアマンディーヌ」にしました。

タルトアマンディーヌ

お皿もかわいい!盛り付けもかわいい!フルーツも添えられてるし、見てるだけでなんだか嬉しくなっちゃいます。

パリパリのアーモンドと、サクサク&しっとり食感の「タルトアマンディーヌ」をゆっくり味わいました。次は、旬のフルーツタルトを食べてみたいな。

紅茶はポットで提供

一緒に注文した紅茶はポットで提供されました。カップ2杯分の量はあったかと思います。

お客様にはゆっくり過ごしていただきたいので、飲み物は多めにしているとのことでした。嬉しい心遣いです。

実際、多くのお客様が1時間以上滞在しているようでした。おいしい食事やスイーツはもちろんのこと、居心地の良さが証明されていますね。

焼き菓子をお持ち帰り

オレンジピール

「カトルセゾン」のケーキやタルトはテイクアウトできます今回私は、焼き菓子をいくつか買って帰ることにしました。

まずはこちらのオレンジピール。私、柑橘系の果物が好きなんですよね。苦味もなく、甘さも控えめで食べやすかったです。紅茶に合いそう。

カヌレ

そして、カヌレ。カヌレはできるだけ毎日店頭に並べるようにしているとのことですが、ない日もあるようです。カトルセゾンのInstagramで最新情報をチェックしましょう。

カヌレの断面

カヌレといえば断面。外側サクっと中はもちもちやわらか。サイズは少し大きめに感じました。なので、食べごたえがあります。カヌレは店内でいただくこともできます

スコーン(プレーン)

実は、「カトルセゾン」には2回続けて訪問しているのですが、1回目には店頭になかったこのスコーン。それこそお店のInstagramの投稿を見て買いに行きました。こちらはプレーン。

スコーン(紅茶)

こちらのスコーンには紅茶の茶葉が練り込まれています。自宅ではほんのちょっと温めてからいただきました。

紅茶のいい香りがぽわ~んと漂い、おいしさが増した気がします。サクサクのスコーン、また買いに行こっと。そして次はランチをいただきたいと思います。


【カフェ カトルセゾン】
住所:秋田県由利本荘市岩渕下50
電話番号:0184-22-3001
定休日:毎週火曜日
営業時間:11:00~18:00(L.O17:30)
※18:00~20:00(L.O19:30)は要予約。
駐車場:あり
公式Instagram(外部リンク)

・記載の内容は取材時(2023年4月)のものです。

  • 繋ぎ手
  • 繋ぎ手の新着記事
佐藤 らなこ

佐藤 らなこ

由利本荘市在住のライター。Yahoo!ニュースエキスパート(由利本荘市・にかほ市担当)として、飲食メインの記事を多数執筆している。

  1. 長居したくなる心地よさ!「カフェ カトルセゾン」で人気のタルトをいただきました

  2. 大内ICから車で約30分の沖縄へ!「沖縄カフェ 結ま~る」で非日常を味わおう

  3. お昼ごはんは「うどんの双葉食堂」の三角きつねうどんにどっぷり浸かろう!

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP